観光タクシーで大阪へ社員旅行に行こう

大阪に社員旅行へ行く際はツアーを利用するという人も少なくありません。他にも新幹線や飛行機、大型バスなどの乗り物の利用が候補に入るでしょう。しかし、中小企業や10人に満たない旅行などでは、いずれの方法も費用がかさんでしまう可能性が高いです。もし少人数で社員旅行をするのであれば、ぜひ観光タクシーを使ってみましょう。

通常なら候補に挙がらないかもしれませんが、人数が少ないケースや中小企業には最適な選択肢となります。観光タクシーは一般的なタクシーとは異なり、用途に合わせて車両を選べます。9人程度が乗車できるワゴン型の車両もあり、少人数での移動には最適です。マイクロバスも候補に入りますが、少々大きいですし、人数次第ではコスパが悪くなることも考えられます。その点観光タクシーは柔軟に車種を選べて、費用を最小限に抑えることができます。

また、観光タクシーはドライバーが運転します。参加する人みんなでお酒を飲める点もメリットといえるでしょう。仮にレンタカーを使った場合、社員の誰かが運転を担当しなくてはいけません。そのため運転手役はお酒を我慢してもらう必要があります。観光タクシーであれば、全員がお酒を楽しめるうえ、車内は個室空間のため周囲に気を使う必要もありません。そのため、気兼ねなく社員全員で盛り上がれるでしょう。ドライバーは現地を知り尽くしています。穴場の居酒屋などを教えてもらうこともできるでしょう。

社員旅行では途中でお土産を買い込むことも多いですが、観光タクシーは荷物を全てトランクルームへ入れられます。買ったお土産を持ち歩く必要はなく、コインロッカーなどへの預け入れも不要です。宿泊施設などまで運べますので、最後まで手ぶらで観光を楽しめます。

行きたいスポットが決まっている時はもちろん、反対に決まっていない時でも臨機応変に対応してもらえます。例えば行きたい場所が決まっていない場合、ドライバーへ巡るスポットをお任せすることも可能です。観光タクシーは時間制のため、移動距離で料金が加算されませんので、追加で料金がかかってしまう心配する必要がありません。予約した時間内であれば、好きなだけ移動することができます。

一方、行く場所が決まっている場合でも各スポットを効率よく巡れます。限られた時間を有効活用できますので、さまざまな観光地へ行きたい時にも観光タクシーは最適な移動手段といえます。少し変わった使い方としては、観光タクシーを視察に使う方法もあります。先にルートを視察します。視察が終わったあとは、そのまま社員の観光まで一貫して使うようにすれば、スムーズな旅行を楽しめます。現地をチェックしておきたい方は、一度タクシー会社に相談してみるとよいでしょう。