観光タクシー利用でストレスのないお花見をする

お花見を毎年の恒例行事の一つにしている人は少なくありません。日本人にとって、桜は特別な花です。そんな桜を満喫するのに観光タクシーの利用が注目されています。大阪にはいくつかのお花見スポットがありますが、観光タクシーを利用することでより一層楽しく便利なお花見が実現できます。

スポットの一つに毛馬桜之宮公園がありますが、ここは大川の河川敷に約4,500本ほどの桜があり多くの人が訪れます。しかし問題は専用駐車場がないことです。そこで、観光タクシーの利用が便利になります。目的の場所で降ろしてもらいお花見を堪能した後、指定した時間に迎えに来てもらうことができるからです。ゆっくりと河川敷を歩くのも良いですし、大阪水上バスに乗って川面から桜を見るのもおすすめです。

造幣局も人気スポットの一つです。お花見時期の1週間ほど、桜の通り抜けというイベントが開催されます。南門からスタートし出口の北門まで距離にして約560メートルの一方通行です。この時期は一般車や観光バスなどでかなり渋滞します。そんな中、自らが運転をするのはとても神経を使い疲れます。その点、観光タクシーを利用すれば運転に気を取られることなくゆっくりと桜を見ることができます。また、ここではぼんぼりなどでライトアップされた夜の桜がきれいですが、夜間の運転は昼間よりもっと大変です。プロのドライバーに任せられれば、きれいな夜桜も心置きなく堪能できます。

もう一つの桜の名所が大阪城公園です。お花見時期でなくとも修学旅行生や一般の観光客で常に賑わっています。中でも西の丸庭園は3,000本ほどのソメイヨシノを中心にした桜が植えられておりとても美しいです。大阪城天守閣をバックに桜を眺めるだけではなくSNS映えすること間違いなしです。お堀の水面に映った桜景色にも趣があります。もちろん、夜もお花見を楽しめます。ライトアップされた桜や城跡は昼間とは別世界を見せてくれます。そんな大阪城公園周辺に駐車場はいくつかありますが、駐車場の多くは予約ができないため駐車できるかどうか行ってみなくては分かりません。最悪、空いている駐車場を探して時間をつぶしてしまうかもしれません。観光タクシーならそのようなわずらわしさが防げます。

このように大阪のさまざまなお花見スポットにおいて観光タクシーは使い勝手がよく便利です。さらに一つの名所に留まらず、それぞれのスポットをプロのドライバーに任せて梯子することもできます。桜の名所めぐりに観光タクシーを利用してみてはいかがでしょうか。